2016.6.19

ベンチャービジネスとエーザイに投資をする場合の違い

投資のリスクは投資対象によって大きく変わってくるものであり、どの程度のリスクを許容できるかということを事前にはっきりさせて置くようにしましょう。
ベンチャービジネスに投資をする場合には、大きな利益を得ることができる可能性が高い一方で全ての投じたお金を失ってしまうということも珍しいものではありません。
しかし、そのリスクがあるにしてもベンチャービジネスに投資をする魅力というのは大きなものであり、何十倍、何百倍となって戻ってくる可能性もあるだけに余裕のある範囲でベンチャービジネスの将来にかけるというのは悪いものではありません。

エーザイは業種や業績、企業の規模からいって株価が何倍にもなるという銘柄ではありませんが、値嵩株であることからそれなりの値動きがある銘柄であるため、短期間で1000円動くというのも珍しくは無いので、1単元の所有であっても10万円の損益が出るということを覚えておくようにしましょう。
ベンチャービジネスに投資をするよりは、エーザイに投資をする方が倒産をして紙くずになってしまうという恐れがありますが、固いと思って長期保有を続けるつもりである場合、損切りポイントをしっかりと設定していなければ高値掴みをした時に大きく株価が下落して戻ってくるまでに長い年月がかかるということもありえるので、注意が必要です。
ゼロになってしまうリスクは少なくても株価が大きく下落をしてしまう恐れがあるというのは、エーザイのような値嵩株には多いものとなっているので、このような銘柄に投資をするのであればどこまで値下がりを許容することができるのかということを、事前にはっきりと決めてからリスクを限定した投資をするようにしましょう。