2016.4.6

三菱電機とフリービットの株価、株主に必要な投資額

三菱電機株式会社は、東京都千代田区に本社を置く大手総合電機メーカーです。では、過去1年ほどの三菱電機株の値動きに注目しましょう。2014年12月半ばごろに約1,400円だった株価は、翌年2月上旬には1,300円ほどにまで値を下げます。しかし、その後は上昇に転じ、2015年5月28日に1,718円という年初来高値を付けます。しかしながら、上昇の勢いは続きません。その後4か月ほどは下落基調で推移し、9月29日には年初来安値1,063円を記録しました。今ではいくらか値を戻しており、2015年12月21日現在の株価は1,254円です。三菱電機株の単元株数は1,000株なので、同社の株式を取得するには125万円以上の投資が必要になります。
では次に、IT関連企業に注目しましょう。インターネット接続業者向けにインフラサービスを提供している情報通信企業、フリービット株式会社です。2014年12月中旬に1,100円ほどであったフリービットの株価は、年明け後1か月ほどは1,000円前後で横ばいに推移します。2月に入ると大きな商いを伴って急騰し、2015年2月19日には1,377円という年初来高値を付けました。しかし、その後は9月ごろまでおおむね下落傾向で推移してゆきます。そのような中で、8月25日には年初来安値528円を記録しました。その後は緩やかに上昇しながらの値動きが続いており、2015年12月21日時点での株価は859円となっています。なお、同社は100株以上を保有する投資家に対して、株主優待制度を実施しています。その内容は、グループ企業が提供するスマートフォンの新規契約初期費用の無料化やモバイル通信サービスの割引といったものです。現在の株価であれば、8万6,000円ほどの投資でフリービットの株主になれます。